就活の面接を印象よくするために

これは大事なことですが、就職活動に絶対必要な準備の一つに面接で聞かれそうなことの予想と、それにどう答えるかを考えておくということがあります。

聞かれた質問に、どんな方針で返答をするかが頭の中でまとまっていれば、話す時も必要以上に慌てることはありません。企業によっては、過去の傾向からわかるような質問をあえて避けてくるようなところもあります。といわゆる圧迫面接に相当する質問をされた時にはどう対処するかも、イメージしておくといいでしょう。答えが用意できていないような質問を意図的にすることで、こちらがどんなリアクションをするかを見ようとします。よくある質問をしていると、よくある答えしか返ってこなくなります。

そのため、誰を採用すべきか判断に迷ってしまうわけです。仮に、思いがけない質問を面接官からされた場合は、下手に慌てたり、取り繕ったりしないで、正直に生きましょう。中途半端に誤魔化しながら面接を答えていると、底の浅さが露呈して、お断りの答えをもらうばかりになってしまいます。どう答えていいかわからない場合は、質問には答えられないことを誠意を持って言うようにしましょう。もしも圧迫面接をされているなら、意地を張って反抗的な答え方をしていると、評価は下がってしまいます。問われた質問に対し、適切な答え方ができるかどうかが、面接では重要であるということができます。もし思いがけない質問をされたとしても、できるだけ悪いほうには解釈せず、状況に即した質問の答えを出せるようにしておきたいものです。
エミオネの通販サイトはこちら