面接を辞退したい?適切な方法は?

よくあることですが、就活中はは複数の企業との面接を掛け持つことが多々あるため、面接日時が重なってしまうことも少なくありません。

場合によっては、次の面接が控えている中で先に受けた企業への就職が決まってしまうと言うケースもあります。もしも採用が決まった企業が本命であった場合には、それ以外の企業との面接を辞退する必要が出できます。既に次の面接の期日が決定している時に、辞退の連絡をしなければいけない時は、どうすれば失礼にならないでしょう。正式に採用が決定したなら、できるだけ早く連絡をすることで、かかるる迷惑を減らせます。面接をする当日にドタキャンするような形で連絡をするのは非常に失礼に当たりますので避けなければなりません。もちろん何も連絡をせずに辞退するということは、社会人としてマナー違反になるので、連絡は必ずするようにしましょう。

辞退することにした場合は、できるだけ早めに企業にその旨を伝える事が大切です。面接試験の辞退の連絡に関しては、メールもしくは電話のいずれでも可能だとは言われていますが、メールで連絡をした場合は、その後に電話でフォローの連絡を入れておくとより丁寧な対応になります。転職先の会社が、業種が同じだったり、いつか何らかのつながりができてくるだろうと思っているなら、丁寧な態度で接することは意味があることです。もしも、相手企業が辞退の理由を聞いてきたら、特に内密にするべき事柄でもないので、話してしまっていいでしょう。無理して取り繕う必要は無く、素直に返答しても問題はないので、そのままの理由を伝えるようにしましょう。
失踪した人を探すならこちら